長谷川栞さんの最終章はAVの思いで作り

彼女が思い残すことのない盛りだくさんの企画物になっています。

長谷川栞徹底リサーチのメインイメージ

長谷川栞さんの最終章はAVの思いで作り

清楚で上品な奥さまとして人気がある長谷川栞さんは、5本のAV作品を残して電撃引退しました。

普通の主婦に戻るということですが、一度男優のテクニックを知ると、元に戻れないと思うのは私だけでしょうか。

多くのファンが残念がり最後に残してくれた最終章は、彼女が思い残すことのない盛りだくさんの企画物になっています。

物語のエピローグは、宿泊先に向かう車の中で行なわれるのです。

楽しい会話をしながら時々「あっ」と声をもらすのは、飛びっこを装着しているからです。

車内でのオナニーを経験し、旅館にたどり着くと浴衣に着替えて館内露出!人の目を気にしながらも興奮しているのがわかります。

露天風呂でリラックスしている最中に、今後は見知らぬお客さんと3Pプレイの設定になっていました。

まさにAVならではの経験といえるでしょう。

一人を手コキで二人をダブルフェラ、バックから突かれながらの仁王立ちフェラ、露天風呂貸切だからいいけど、本当のお客さんが入ってきたら・・・喜んで参加するかも知れません。

入浴中の事故にも気をつけて!

さらに、手かせ足かせの拘束羞恥プレイになり、これでもか!というぐらい突かれるのです。

デビュー当時と違って、吐息からアエギ声に変化してきました。

彼女自身も積極的になり、エクスタシーを感じ始めているのです。

名残惜しいけど、これが見納めになります。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索